「合格」の二文字が私たちの誇りです。

私たちはいつも生徒にこう言っています。
合格するためにできることは「努力」だけ。
その努力してきたことが試験当日の「自信」となる。
そして、その「自信」が合格という「結果」を実現するんだ───と。

でも、頭ではわかっていても、心が挫けそうなときがあります。
生徒たちはみな、まだまだ子どもですから。

そんな時、励ましてくれる家族がいる。
将来に不安を抱えているとき、道を指し示してくれる先生がいる。

そんな生徒と保護者、先生の「思い」の繋がった関係をマイティーチャーは心から望んでいます。

全員合格の先に、私たちマイティーチャーの夢があります。
それは、出逢った生徒たち全員がいくつになっても頼ってくれる先生になること。
いつまでたっても生徒たちの「マイティーチャー」であり続けること。

私たちマイティーチャーは、家庭教師から始まった小さな学習塾です。
地域のみなさまに、もっとマイティーチャーのことを知ってもらうため、どんな塾でどんな先生が教えているのかをわかってもらうため、私たちも努力を続けます。

努力はカッコイイですから───。

進学塾マイティーチャー塾長

林 寛之