英検合格おめでとう!

今日、英検の速報が届きました。

結果の書かれた綺麗な紙が欲しい生徒には証書が届くまで秘密にしておきますが、早く知りたいという人は担当の先生に聞いてください。

(2次試験がある生徒へは今日合格を伝えます。すぐに2次対策に取り掛かってくださいね。)

 

さて、方式が変わった英検。

各級の合格基準スコアは以下のとおりです。

一次 二次
合格基準スコア 測定技能 合格基準スコア 測定技能
1級 2028 R・L・W 602 S
準1級 1792 512
2級 1520 460
準2級 878 R・L 406
3級 746 353
4級 622
5級 419

※R: Reading、L: Listening、W: Writing、S: Speaking

さてさて、では新しい英検CSEスコアについて見てみましょう。

英検CSEスコアのしくみ
 「英検CSEスコア」は、ユニバーサルなスコア尺度CSEを英検の各級で表記したものです。
英検CSEスコアを参照することで、自分の今の英語力や伸長度が一目でわかり、英検級のステップアップはもちろんのこと、生涯学習にも最適な指標となっています。
国際標準規格CEFRにも対応し、英語の4技能(リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング)のスコアとトータルスコアが表示されます。
 新しい英検の成績表では、5級~1級のすべての級で、従来の級の合否に加えて、英検CSEスコアが表示されます。級ごとにそれぞれ技能別の満点を設定し、その結果もスコア表示されます。5級、4級はリーディング、リスニングと、新しく導入されたスピーキングテストの3技能、3級、準2級は二次試験のスピーキングを合わせて3技能、そして2級~1級は、ライティングも含めた全4技能のスコアが表示されます。つまり総合的な英語力と、技能ごとの能力を絶対指標で知ることができるので、自分がどんな能力を備えればよいか、学習の重点をどこに置けばよいかが明確になります。さらに英検CSEスコアは国際標準規格CEFRにも対応しているので、よりグローバルな視点で、自分の英語能力のレベルが把握できます。

sec01_img01

つまり、今までは検定ごとで独立していた基準を合わせたってことですね。

感覚的だったものが、より具体的になって目標が定められそうです。

ちなみに今の自分の検定級の目安が知りたい人は、

https://gm.ei-navi.jp/measurement/general

ここから「英検かんたん測定」ができます。

 

やってみた私の結果はこちら!

名称未設定-3

準1級受けようかな~。

スピーキングに自信がないので悩ましいところですね。

 

5級から1級完全対応 最新過去問題・2次試験対策 英検 完全版

新品価格
¥9,800から
(2016/6/24 17:42時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です