高校入学定員&志願者数&志願率(確定後)

定員 志願者 倍率 確定数 増減 倍率 昨年倍率 内定者 残り定員 一般志願者 一般倍率
小倉 320 413 1.29 412 △ 1 1.29 1.36 32 288 380 1.32
戸畑 240 316 1.32 315 △ 1 1.31 1.40 52 188 263 1.40
小倉西 240 316 1.32 314 △ 2 1.31 1.37 60 180 254 1.41
門司学園 160 131 0.82 131 0 0.82 0.84 119 41 12 0.29
小倉南 240 297 1.24 300 3 1.25 1.58 78 162 222 1.37
小倉東 200 213 1.07 224 11 1.12 1.24 65 135 159 1.18
北九州 200 380 1.90 367 △ 13 1.84 1.58 66 134 301 2.25
門司大翔館 200 243 1.22 245 2 1.23 1.44 78 122 167 1.37

2/27、公立高校の倍率が確定しました。

倍率が高すぎた「北九州高校」がマイナス13人となり、

逆に倍率が低すぎた「小倉東高校」がプラス11人となりました。

それでも昨年に比べると「北九州高校」は高いですね。

 

「小倉南高校」は3人増えましたが、倍率は近年で一番低い水準に落ち着きました。

城野駅からのアクセスも良くなりましたし、大学進学も、高校偏差値に比べてなかなかのところに受かっています。

倍率が下がってしまったのは残念です。

 

「門司大翔館高校」も低い倍率となりました。

大学進学率を上げていって、もっと魅力ある高校になって欲しいと思います。

 

「門司学園高校」に関しては、言葉を失います…。

受験者を増やす施策をしっかり考えてくれないと!

何年放置してるんだ!って感じです。

このままでいいの?

 

さてさて、兎にも角にも、受験生は本当の本当の最後の追い込みです!

今日勉強したことが出題されるかもしれない!

と思って、勉強しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です