塾からのお知らせ

冬期講習で学ぶこと(中1・中2編)

 

 

 

〈120%を実現する冬講〉

中学1年生・2年生

苦手分野を洗い出し、基礎学力の向上に努めます。

次学年で後れをとらない。

3ヶ月後はいよいよ新しい学年になります。学習内容は既に習ったことが身についているという前提で進んでいきます。その際に、覚え残した内容や理解不足の内容があれば、後れをとる可能性があります。後れをとらないためにもこの冬にやるべきことを疎かにしないことが肝要です。

期末テストで得点を落とした教科・分野は何か。

期末テスト前は頑張ってテスト対策をしました。それでも得点できなかった教科・分野があると思います。それをもう一度洗い出してください。それが「今」のニガテ分野です。この洗い出しの作業が冬期講習で頑張る前の大切な「準備」です。

期末テスト内容はまだ頭に残っている。

「総復習だ!」と気合が入っていると思いますが、ちょっと待って下さい。期末テスト範囲から復習しましょう。1年前や半年前に習った内容より、ここ1・2ヶ月で習った内容のほうが頭に残っています。まずは最近の内容から復習しましょう。解けなかった内容を一つ一つ解決していくことが次学年の成績アップにつながります。

定期テストで高得点・高順位が高校受験の肝です。

今、高校入試でも大学入試でも「推薦入学」の生徒の割合が高いです。これは、学校生活において、「中間・期末テスト」でしっかりと得点している生徒の「特典=ご褒美」です。逆に考えると、「中間・期末テスト」で得点できないと、進学の幅も狭まることになります。最後の本番入試で一発逆転!が難しいのが最近の受験です。だからこそ「定期テスト」での得点アップは絶対条件なのです。

目標は「学年末テスト」で人生の最高順位を。

学年末テストが2月中旬から始まります。3学期に学校で習う内容は少ないので、1学期・2学期・3学期の総合問題が出題されます。特に2学期の内容の割合は高い傾向にあります。その時になって慌てなくてよいように、この冬期講習で2学期内容の復習からしっかり始めましょう。

 

冬にやっておくべき学習内容(中1)

中学1年生の学習内容

英語 数学 国語 理科 社会
be動詞・一般動詞の文 正負の数 説明文の読解 植物の生活と種類 世界の地域構成・人々の生活と環境
一般動詞の文(3人称・単数) 文字式 論説文の読解 身近な物理現象 世界の諸地域(1)
代名詞・Whose~?の文 方程式の解き方 小説の読解 物質のすがたと気体の性質 世界の諸地域(2)
疑問詞(1) 方程式の利用 随筆の読解 水溶液の性質と状態変化 古代の日本
疑問詞(2) 比例・反比例 詩の鑑賞 大地の変化 中世の日本
現在進行形 平面図形 古文の読解    
canの文 空間図形 文法のまとめ    

 

冬にやっておくべき学習内容(中2)

中学2年生の学習内容

 

英語 数学 国語 理科 社会
過去の文 式の計算 説明文の読解 動物の生活と生物の変遷 日本の地域構成と世界から見た日本
未来の文 連立方程式 論説文の読解 回路,電気とそのエネルギー 日本の諸地域(1)
助動詞 1次関数①(1次関数とグラフ・方程式) 小説の読解 静電気と電流,電流と磁界 日本の諸地域(2)
文型・There is~.の文 1次関数②(1次関数の利用) 随筆の読解 化学変化と原子・分子 近世の日本
不定詞・動名詞 平行と合同 詩・短歌の鑑賞 天気とその変化 欧米の進出と日本の開国
前置詞・接続詞 三角形と四角形 古文・漢詩の読解    
比較 関数と図形 文法のまとめ