レトロ塾通信(講師ブログ)受験情報塾長ブログ

九国大付属高校の説明会へ行ってきました!

img_2584

九州国際大学付属高校の塾向け説明会へ行ってきました!

今年は参加の先生が少ないように思えましたが、どうでしょうか?

毎年データが変わるので、今回も貴重な情報をゲットしてきましたよ。

 

九州国際大学付属高校の入試情報

入試日

  • 推薦入試 2017年1月24日(火)*トップアスリートクラスのみ
  • 一般入試 2017年2月1日(水)

学科・コースと募集定員

  • 難関クラス(得点率80%以上)
  • S特進クラス(得点率75%以上)
  • 特進クラス(得点率60%以上)
  • 準特進クラス(得点率55%以上)
  • 進学クラス(得点率50%以上)
  • トップアスリートクラス(推薦のみ)

トップアスリートを除いて、一般入試で計540名を募集しています。

得点によってクラスの振り分けがあります。

合格ライン/偏差値

  • 難関クラス(偏差値70以上)
  • S特進クラス(偏差値65以上) →小倉・東筑レベル
  • 特進クラス(偏差値60以上) →戸畑・八幡・京都・下関西・豊浦レベル
  • 準特進クラス(偏差値55以上) →小倉西・小倉南・北筑・八幡南レベル
  • 進学クラス(偏差値50以上) →小倉東・門司学園・北九州市立・八幡中央レベル

※九国大付高校の推薦入学はトップアスリートクラスのみ。

進学実績(H28)

現役の合格実績です。

  • 九州大学 6名
  • 熊本大学 5名
  • 山口大学 7名
  • 福岡教育大学 6名
  • 北九州市立大学 37名
  • 下関市立大学 8名

※他校との比較のため、実績の一部のみ抜粋しています。

※学校によっては現役生のみ、現役生と浪人生の合計で集計しているところがあります。詳細は各高校へお尋ねください。

受験費用

受験料 12,000円

入学金(うち入学一時金) 60,000円(20,000円)

特待制度

(1)A特待「難関クラス全員」

入学金 6万円 → 0円

施設費 12万円 → 0円

授業料 23,000円 → 0円

教育充実費 9,000円 → 0円

(2)B特待「得点率80%以上」

入学金 6万円 → 3万円

施設費 12万円 → 6万円

授業料 23,000円 → 11,500円

教育充実費 9,000円 → 4,500円

※学費免除の壁は厚いですが、頑張ってください!!

感想

受験者数が多いので、不合格者数も多い!

 

毎年4000人を越える受験者数です。

生半可は気持ちで受験すると落ちます!はい。

不合格者数を見てみましょう。

ちなみに進学クラスの合格得点率が50%なので、500点中に250点取れなかったら不合格だと思ってください。

受験者数 不合格者数 不合格の割合
2012年度 4,431名 799名 18.0%
2013年度 4,210名 764名 18.1%
2014年度 4,113名 442名 10.7%
2015年度 4,140名 663名 16.0%
2016年度 4,148名 609名 14.7%

辛口コメントしてみます。

資料には「難関クラス」「S特進クラス」の素晴らしい内容がたくさん。

でも、特進クラス、準特進クラス、進学クラスの情報が少ないんです。

で、28年卒業者のクラスごとの人数が難関クラスとS特進クラスのみ資料に書いてあり、そのたのクラスはわからなかったので、現在の高1生のクラス割りから人数の予想をしています。

資料が見つかれば計算しなおしたいと思います。

 

↓現役で国公立大学に合格した生徒の割合

現役合格者数 クラス人数 合格率
難関クラス 11名 16名 68.8%
S特進クラス 30名 35名 85.7%
特進クラス 93名 210名 *予想 44.3%
準特進クラス 8名 150名 *予想 5.3%
進学クラス 1名 150名 *予想 0.7%

資料を見ると、準特進クラスで北九州市立大が4人、進学クラスで1人の合格でした。

こう見てみると、準特進クラスと進学クラスの「国公立大学合格率」がすこぶる低いです。

つまり、国公立大学への進学を目指すなら、準特進クラス(偏差値55)、進学クラス(偏差値50)と同レベルの公立高校のほうが、多く輩出していますね。

このクラスの生徒たちをどう伸ばしていくかが、今後の課題と言えそうです。

授業見学もしました。

今年は枝光校舎へ移動し、授業を見学してきました。

九国大付高校では初です。

 

50クラス(!)もあるので、迷子になりながら見学しましたが、良い学校です。

受験生が行きたがる気持ちがわかります。

 

最後に…

img_2587

林先生の恩師亀田先生の授業におじゃまし、ご厚意で写真まで撮ってくれました。

石松先生ありがとうございます。

亀田先生、生徒の皆さん、授業中断して申し訳ないです、すみません。

 

http://www.959h.kif.ed.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です