高校入試の倍率をまとめてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フクトさんからいただいたデータを第二学区だけでまとめてみました。

マイティーチャーだけでは「分析」なんて難しいです。

なので、母集団の大きなテスト会に参加して、データをありがたく活用させていただいております。感謝です。

で、これを見てて思うのが、「小倉東」「小倉南」において、ちょっと現場感覚とズレを感じます。

B判定は小倉東51、小倉南54くらいかな。

とくに30年度は小倉東のボーダーラインが急激にあがりましたが、31年度を見据えると、小倉東175、小倉南190が最低ラインとしたいところです。(これ以上模試で点数とってね!)

募集定員が減ったり増えたりすると予想も難しくなりますが、生徒の行きたいと思っている高校へ合格させたいのは変わりませんから、点数伸ばすしかないんですけどね。

さて、入試分析ってとっても大切ですから、大手塾さんの分析も気になるところ。

そういえば、3月にこんな記事がありました。

学習塾「英進館」(総本部・福岡市)は7日実施の福岡県公立高校入試で、平均点や各校の合格ライン予想に人工知能(AI)...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。

AIすごいですね。(導入できる英進館もすごいです。)

時代はAIか!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク