作文が苦手だと感じている中学生へ【3】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



作文が苦手な中学生は「構成」をあまり気にしていないから、書き始めることができません。

最後の「結論」を最初に考えることができれば、それまでのプロセスを書けばいいので、簡単に作文が書けるようになります。

これは何より、文章の流れに一貫性がでるという効果をもたらすので、頑張って身につけてほしいスキルです。

まず、結論を書こう。

おおよそ、作文が苦手だっていう生徒は結論をうまく書けないことが多いです。

最初の文章と最後の文章でつながりがない作文を見せてくれます。

だから結論を書いておくことはとっても大事。

箇条書きは苦手だし、途中式的なものも書きたくないって人でも、結論だけはチョロっとテスト用紙の端っこにも書いてください。

それだけはお願いします。

よく間違える「結論」のパターン。

よくある国語での作文の形式は、「賛成・反対」の立場を明確にして、「理由」を書かせて、「結論」へと導くという流れです。

それで、よく間違える(というか評価の低い)文章は、「結論」の部分に、また自分の立場を書くという失敗です。

『私は●●に賛成です。その理由は〇〇だからです。だから私は●●に賛成です。』

短くまとめましたが、間違った流れということを認識できたでしょうか。

同じことの繰り返しなのですが、こんな作文を堂々と書いてしまいます。

文章としては一応成り立っているのですが、内容は「空っぽ」です。

こんな作文が良くないって知ることが大事です。

自分の意見や考えを結論に持ってくること。

作文は「キミが何を考えているのか?」と知りたいんです。

だから、自分のことを書いてください。

『●●だと思いました。』

『私の意見は●●です。』

さらに良いことは、キミが学んだことを書くこと。

『●●だということを今回の○○から学びました。だから——』

もっと良いことは、キミが成長したってことを書くこと。

『今回、●●ということを知って、私にもできることがあると感じました。』

『違う意見を聞くことが、私にとって○○になったと思います。だから、これからは—–』

これはあくまでも一例の文章です。

でも「フレーズ」を使いこなせることで、作文に「しまり」ができます。

自分にとっての『キーフレーズ』を今のうちに見つけておくといいですね。

読書感想文だと、こんなフレーズが使えます。

『私は○○の生き方に共感しました。いつも●●に対してそっけない態度をとっていた〇〇が、実は心の中では●●のことを誰よりも大切にしていることが、この場面から読み取れました。人はついつい———-』

『今回●●を読んで、この場面がとても私の記憶に残りました。そして何度も何度も読み返してしまいました。そのたびに———』

読書感想文をあらすじを書くこととカンチガイしないでね。

つづきはそのうち。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク