【高校入試】私立高校の費用一覧。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私立高校に通う場合は「就学支援金」があるとはいえ、公立高校よりもお金がかかります。

その分、きめ細やかなサポートや充実した留学制度、なかなか経験できない海外への修学旅行などあるので、費用対効果は悪くはないと思います。

僕自身、公立高校で泥臭く勉強してきたので、私立高校から何となく感じるスタイリッシュな校風は憧れている部分があったりもしますが。

高校時代の夏場はエアコンのない環境で課外してたなーなんて思い出します。

覚えていないけど、当時は倒れた生徒いたんじゃないかな?



さて、そんな私立高校のかかる費用を一覧表にしています。

昨年度の情報からすこしずつ今年の情報へ変更。

ほとんど変わりませんが、説明会に参加した順に更新していきます。

塾生・保護者への高校進学説明会で配布の後、高校名を伏せたカタチでウエブへアップしたいと思います。

(行政区を見たらわかっちゃいそうですが)

3年間でいくら費用がかかるのかがわかるので、

「何としても公立高校へ受かってもらわないと困る!」

という基準にもなります。

公立高校への合格の道は定員の減少などで、年々厳しくなります。

特に評定値(通知表の45点満点のいくら)は、合格にかかわる最大の要素です。

中学3年生にとって、評定値を上げるチャンスはあと2回!

この夏のがんばりがきっと2学期になって具現化します!

夏休みもあと半分!

最後の最後まで頑張り抜いてくださいね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク