ポイントをおさえて時短テクを身につけよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「おうぎ形のこの長さを求めよ。」

とかいう問題が出されると急にやる気を失ってしまう中学生。

公式を覚えるのが大変だったり、約分が面倒だったり…。

 

 

問題を解いている時に覗いてみると、頑張って中心角の約分の真っ最中。

頑張って2でわって、2でわって、2でわって…。

 

そんな折、216=6×6×6のことを教えてみると、驚いていました!

これで途中の約分がしやすくなりますね。

 

3乗の数字は高校数学でも役に立つので知っておいて損はないです。

数学が早く解ける子って数字の「暗記」が強いんですよね。

あらゆる方向から解けるようになることで勉強のやる気につながってほしいと思います。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク