西南女学院中学校の塾向け説明会に行ってきたよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は「西南女学院中学校」の塾向け説明会に行ってきました。

学習塾・進学塾にとっては、学校を直に見学できる貴重な機会。

学校側も、塾の指導時間に重ならないように配慮してくださっています。

西南女学院ってどんな学校?

さて、西南女学院中高校は女子のミッションスクール。

ミッションスクールといえば「小高い丘の上」っていう勝手なイメージを持っていますが、西南女学院もやはり到津の小高い丘の上にあります。

ちなみに「Mission」という言葉は「使命・伝道・天職」という意味で、キリスト教と深いらしいです。(詳しくはググってください)

近隣の女子校が次々と男女共学化していく中で、「女子校」であることを貫き、まもなく創立100周年を迎えようとしている西南女学院。

一本芯の通った「思い」や「熱意」を感じますね。

福岡県北九州市小倉北区にある中高一貫の女子校、西南女学院 中学・高校の公式サイトです。本校の教育内容や学校生活をご紹介しています。

募集人数は?

西南女学院中学校の募集人数は募集要項に以下の記載があります。

前期入試 80名(うち英語受験型は10名程度)

後期入試 若干名(4教科受験型のみ)

※募集要項より抜粋

ちなみに試験日は、

前期入試 1月4日(金)

後期入試 2月11日(月)

※募集要項より抜粋

です。

西南女学院中学校の教科ごとの試験内容はコチラの記事をご覧ください。

西南女学院中学校の入試問題については下記を参考に学習を進めてください。 2019年度の入試問題について。 ...

おおよその学費は?

中1 551,000円(年額)

中2 548,000円(年額)

中3 513,000円(年額)

※説明会資料より抜粋

※授業料・教育充実費・後援会費・学友会費・教材費・修学旅行積立を含む。
※入学金・施設費は別途
※就学支援金・奨学生免除は上記には反映されていません。

西南女学院の塾向け説明会でいつも感じることは、「丁寧」だということ。

学費明細をしっかり表にして出してくれているので、僕が保護者に説明するときにも大変わかりやすいです。

(他の私立高校だと「月の授業料と教育充実費」くらいの記述しかないところが多く、研修費・修学旅行代・卒アル代なんかはわかりませんからね。)

ということで、西南女学院中学校の毎月の学費納付額は50,000円いかないくらいですね。(就学支援金等は除く)

ちなみに修学旅行先はオーストラリア研修。

積立金の合計は、25万5,000円でした。

成績優秀者の特典はあるの?

特別奨学生には以下の特典があります。

S特待 入学金9万円免除+授業料全額免除

A特待 入学金9万円免除+授業料半額免除

B特待 入学金9万円免除

※説明会資料より抜粋

ということは、S特待だと、年間の授業料20,500円×12ヶ月×3年間=738,000円と入学金90,000円の計874,000円が免除ということですね。

就学支援金は授業料のみ適用とすると、A特待以上は狙いたいとこです。

S特待、A特待、B特待の奨学生採用基準のおおよその目安は以下です。

  • S特待(80%以上の得点)
  • A特待(75%以上の得点)
  • B特待(70%以上の得点)

※採用基準や人数など、詳しくは学校へお問い合わせください。

ここが改善点だよ、西南女学院。

西南女学院の、英語教育も進路も新しい大学入試への取り組みもすばらしいと思います。

西南女学院の説明スライドでは、『女子の能力開発には男女共学がはたして最適な学習環境だろうか?』という疑問符もありました。

その疑問に立ち向かう姿勢は素晴らしく、『女子だから〇〇』という先入観も払拭したいという思いもビシビシ伝わってきます。

うーん、だからかな?

僕には募集パンフやポスターなどの宣伝媒体と、学校の目指す教育にギャップを感じてしまいました。

なんていうか、パンフレットやポスターや冊子が「おんなのこ」なんです。

「女子が憧れる女性像」を前面に押し出したほうがカッコイイと思います。

学校選びはイメージ戦略も大事。

西南女学院の案内からは「おっとり感」を感じます。

「ビシッと、クールに!」

キャリアウーマンとして世に出したいと考えているなら、その辺りの戦略はあっていいかと思います。

「女子校だから行きたい!」という声以上に、「女子校なんて行きたくない!」という女子がいることは否定できません。

その女子に対して、『女子校の良いところ』をもっと伝えられることが出来れば、最初の「女子校だからなー」というネガティブな選択もされづらいと思います。

入学してからのフォローはしっかりと出来ている印象なので、その前段階での募集に対する改善があればもっと良いと思いました。

説明会を終えて。

塾向けの説明会ですが、中高一貫教育をしている私立中・高校では西南女学院だけが「同じ会場で2回」、説明会があります。

(僕が知らないだけかもしれませんが。)

なので、どちらかにしか行けかなったとしても、資料をもらえたり、学校の雰囲気を見学したりできます。(たぶん)

あとは、教室見学の後に学食を試食させてもらえます。

女子校らしくデザート付きです!

あと、粗品としてショットノートをいただきました。

文房具系は有り難いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク