慶成高校の塾向け説明会に行ってきたよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は慶成高校の塾向け説明会に行ってきました。

慶成高等学校は北九州市小倉北区にあり、普通科(大学受験)福祉科(介護福祉士取得)コンピュータビジネス科(全商検定合格)の学科を設置している男女共学の高校です。

慶成高校は前身の小倉女子商業高校からカウントして60周年の学校です。

慶成高校も東筑紫高校も同じルートで坂を登って通学します。

両校ともに女子校だった時代、その坂は「女坂」と呼ばれていたらしいです。

1000人以上の女子生徒が坂を登って通学している風景はすごかったんでしょうね。

慶成高校のコースは3つ!

普通科 80名

福祉科 80名

コンピュータビジネス科 80名

の計240名を募集定員としています。

人数が少ないマイナスを手厚いサポートで埋めるぞ!

慶成高校、人数が少ないです。

詳しくは書けませんが、募集定員を大きく割り込んでいます。

だから、生徒一人に対しての先生の数が他校と比べても多いという話。

高校に入ったら、わからなかったところはみっちりと「個別指導」してもらえるみたいです。

あのスタディサプリの会社、リクルートから表彰!?

スタディサプリを導入している高校で使い方が上手ってことで表彰されたみたいです。


だいたいの学校では、生徒のスタディサプリをきちんと管理できてないって話みたいです。

でも、慶成高校は人数が少ない分、管理をしっかりと行っているということ。

表彰されるのは良いことです。

だって、他校はリクルートにお金払って使いこなせてないってことですもんね。

でも、学校の先生とスタディサプリの立ち位置って難しいとは思うんですよね。

先生方は、どう自分自身を納得させているのかを知りたいところです。

慶成高校へ行くなら推薦で奨学生を狙え!

奨学生になる基準が低めです。

3年生の2学期のみの評定値(5教科)で平均3.2

3 3 3 3 4

2 3 3 3 5

といった取り方で学力特別奨学生が決定します。

免除されるのは、

入学金7万円、施設設備費10万円、授業料24,750円、教育充実費7,250円。

合計132万2000円。

※パンフレットには

学力特別奨学生入試の合格者、及び一般入試の試験結果(全科)における成績優秀者(試験特別奨学生)は、本校奨学生規約に基づき、入学金・施設設備資金・授業料(3年間)を給付します。

というように、授業料(3年間)の給付と書いており、「教育充実費」については文字がありませんでしたが、説明会の際に、毎月かかるのは「後援会・生徒会費と修学旅行の積立の合計で8千円くらい」とおっしゃっていたので、教育充実費も免除に含まれると思います。

仮に含まれないとしても就学支援金で差し引き0になると思われます。

毎月の校納金については、保護者の所得に応じて、「高等学校等就学支援金制度」及び「授業料軽減制度」を利用することができます。

上記に「校納金」に就学支援制度が使えると明記されています。

「授業料」となっていません。

そうなると「後援会・生徒会費」も校納金の欄に入っているので、就学支援金の適用範囲内と捉えることができそうです。

でも、そもそも就学支援金は「授業料」の適用だったはず。

学校によって奨学金の取り扱いが違うので、詳しくは語られないのかもしれません。

拡大解釈できるのかな?

学力推薦での受験生がいたら、すぐに問い合わせたいと思います。

一般入試での奨学生は、得点率約7割以上を目指してください。

これはシークレットでお願いします!

小論に強いぞ!

大学受験では「ほぼ個別指導」で指導してくれるので、小論文が強くなるそうです。

偏差値50未満でも推薦で北九大に合格しているという事実がそれを物語っています。

例えば、公立高校の場合、小論文対策っていっても十二分にやってくれることは滅多にありません。

小論対策で生徒数が教師数のキャパを超えたりすると、最悪の場合は副教科の先生が担当になったり………。

それに比べて、慶成高校の少人数の強みを生かしての個別指導は魅力的かもしれませんね。

制服はアイドル衣装を手がけたデザイナー

慶成高等学校は北九州市小倉北区にあり、普通科(大学受験)福祉科(介護福祉士取得)コンピュータビジネス科(全商検定合格)の学科を設置している男女共学の高校です。

ということです。

おじさん、違いはよくわかりませんでした。

オシャレ女子には違いがわかる!

ちょっと抽象的だった説明会

今回、抽象的だったかなという印象。

そこが残念。

塾として知りたいこと、保護者目線で知っておきたいこと、生徒が学校に望んでいること。

それらはちょっと違います。

僕たちが生徒に学校を勧める時に、何をもって勧めるのか?

ということを考えて説明会を構成してくれると助かります。

大学進学率だったり、通っている生徒の生の声だったり。

福祉科だったら、介護士の国家試験に現役で合格した推移、1年後に合格した推移とか。

コンピュータビジネス科だったら、全体的にどれくらいの割合で資格を取得しているのか?

それを他校を比較してどうなのか、とか。

そういった資料があるといいんですよね。

だって、生徒たちは「同じような特色」のある学校を比較して選ぶんです。

慶成高校のような「特別な科」がある学校はなおさらです。

そこをもっと詰めてほしかった!というのが僕の感想です。

制服デザインで勧めることはまず無いです。

ブログではネタの一つとして紹介しますけどねニッコリ。

こんなのもらっていいの?

粗品が入っていたので開けてみると、モバイルバッテリー!

また、帰りの際は観山荘のお弁当をいただきました。

美味しかったです!

さて、9月から始まった説明会も本日の慶成高校を以て終了です。

各高校の特色、思い、進路など多くの情報を得ることが出来ました。

毎年、違った内容でプレゼンする学校の先生方も、オープンスクールやその他行事の準備でお急がしい中、大変だったと思います。

ありがとうございました。

また、後日、説明会の総括記事でも書こうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    慶成の前身である高校は「小倉女子商業高校」ではありませんか?
    上記では小倉商業女子高校になっています。

    また、北九州の私立高校の来年度の偏差値を掲載できるのであれば,
    掲載していただけると助かります。