図形問題に強くなれ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立体図形の入試問題は解きやすい問題も多くあります。

図形だからって敬遠することはもったいないですね。

文章問題から式を立てて、答えを導くよりも簡単なこともあります。

あと、数学で5点ほしいって人は、今年の冬は、図形問題を解けるようになるといいですよ。

↑は愛知県の公立高校入試。

福岡県の入試問題は過去問題集で解いてしまった生徒がいたので、ネットで検索しました。

似た問題が冬期講習用のEXCEEDにもあります。

そのときには解けるようになってほしいと思います。

図形の問題で使う公式は、三角形や台形の面積といった基本的なものから、三平方の定理、相似や体積比なども使います。

それぞれが独立しているわけではなく、総合的に使うことができるかを試されます。

そして50分という制限時間の中で、立体図形に使える時間は、10分程度。

その時間で必ず解けるように出来ています。

入試の日まで学力は伸び続けますから、諦めることなく頑張っていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク